入会・登録はこちらへ

  • PROFILE
  • ハルキ(20才) 2017/07/14 動画60分更新
プレイ内容= 野外リモコンローター装着 片足吊り 全身逆さ吊り 緊縛多種 異物挿入(胡瓜) バイブ責め アナル責め ローソク責め 強制フェラ 首絞め ビンタ 緊縛ファック

弊サイトの会員様でもあるA氏より、自分が現在調教しているというM女を是非、公開調教して欲しいという依頼を受けた我々は指定された待ち合わせ場所にいくとそこにいたのはハルキというギャルだった。ハルキはA氏に何も聞かされずにA氏と会う予定で来たそうで少々面食らっていた。普段はキャバクラで働いているというハルキはお店にお客さんとして来たA氏と付き合い始めまだ日は浅いそうだ。

A氏とハルキはまだまだ本格的なプレイをしている訳ではないらしくソフトSMを楽しんでいるようなのだが、ハルキのM資質を感じたA氏がハルキをもっと上のレベルに上げたいということで送り込んできた訳なのだが、なるほどハルキは明るくとても素直な性格でかなりのエロポテンシャルを秘めているようだ。ちょっと嫌そうな素振りをみせるものの我々の要求に従順に従うのだった。

リモコンローターを股間に入れてお散歩させたのだが、なにも聞かされていないハルキはA氏に電話し今日の内容を確認すると納得したようで途端に態度もエロモード全開になって強い刺激を求め始めるのだった。スケベに貪欲なハルキはチンポを欲し快楽を求めるのだがまだ始まったばかりの調教でそうやすやすと快楽を満たしては調教にならない。寸止めの状況で調教部屋までお預けにするのだった。

調教部屋では緊縛師が待ちわびており、早速ハルキに麻縄を掛け始めたのだが縄が巻かれ始めた途端にハルキの様子が一変する。本格的な縛りは初めてだそうだが、明らかに早くも縄酔い状態となりきちんと立っていられない程だ。それでも緊縛師は手際よくハルキの身体を縛り上げていく。麻縄がハルキの身体を擦り上げていくたびに快感が走るようでハルキは何か全身から込み上げてくる熱いものを感じているようだ。

ハルキは相当ドスケベな変態女である事が分かった以上、もう遠慮はいらないだろう。A氏に満足していただけるよう思い切って調教させていただくことにした我々はさらに麻縄をハルキの身体に食い込ませていく。するとなんと身動きの出来ない状況に陶酔するハルキ自身が更なる高みを要求してくるのだった。

全身を麻縄で緊縛されたハルキは逆さ吊りにされ自身の体重がさらに麻縄を肌にきつく食い込ませるのであった。縄を解かれたハルキの白い肌には麻縄の痕が赤くクッキリと刻まれておりそれをなぞりながらハルキは開放された安堵感と先程の緊迫感を感じ余韻に酔いしれているのだった。しかしまだまだ調教は続く。今度は椅子にオマンコが丸見えにされたM字開脚で縛られたハルキに異物が差し出された。

ハルキのオマンコに青々とした胡瓜がズブズブと突き刺されていくのだが、最初は嫌がっていたはずのハルキだったがもっと奥まで突いて欲しいとお願いする始末だ。さらには一本では物足りず2本の胡瓜をも簡単に咥え込んでしまうドスケベなオマンコだ。ついには嫌がっていたアナルにまでも胡瓜をぶち込まれ2穴責めに絶叫するのだった。

まだまだ終らない公開調教はさらに片足吊りをされた状態での極太バイブ責めとローソク責めとでさらにハルキを追い込んでいくのだった。ローソクの熱さと縛られ極太バイブでのオマンコ責めによる身体の奥から込み上げる熱さで悶え苦しむハルキはすっかりM女としての悦びが表情にも表れているようだ。最後はご褒美の巨チンによるSEXで狂喜乱舞し、顔面に濃いザーメンをかけてもらったハルキはそれを満足そうに味わうのであった。

| CLOSE

お問い合わせ | 入会案内 |
当ページに含まれる画像、及びテキストの無断転載、使用を禁止します。
(C)Copyright Oshioki.net inc. All rights reserved.