入会・登録はこちらへ

  • PROFILE
  • 翔子(25才) 2017/01/11 動画60分更新
プレイ内容= 緊縛多種 乳首責め クリトリス責め 羞恥責め 失禁絶頂 バイブ責め アナル調教 アナル責め 二穴同時責め 強制フェラ 緊縛ファック

SMにハマっている友人と話をしていると何かと下ネタになりがちで、しかもその友人の赤裸々なSM体験談を聞かされてるうちに興味を持ち始めた翔子。そして友人はアブノーマルな快感に「一度挑戦してみたら?」とすすめてきたそうだ。彼女のせいでイメージだけは出来上がってるSMの世界、苛められている自分の姿を妄想しているだけで翔子のオマンコは熱く濡れるようになってしまった。そしてついに<お仕置きネット>で調教を受ける決心をしたのである。

SM初心者の翔子は何をされるのかと不安そうな顔つき。もちろんわざと不安を煽り、彼女の中のM性を引き出そうとしているのだが、それは案外早く現れたようで、ほんのちょっとの緊縛から表情が変わる。片足を吊り上げられ、股間を無防備に晒す翔子。バランスの取れないポーズでフラフラしているところを電マで責められ、更にブラジャー越しに乳首まで嬲られると髪を振り乱してヨガり始めた。

しばらくしてブラジャーをずらしてみれば、案の定、強烈な刺激で責められっぱなしの翔子の乳首は真っ赤になって固く勃起していた。触れるだけでビリビリと快感を伝えてくるのだろう。あられもない喘ぎ声をひっきりなしに上げながら、荒縄に縛られた翔子はブラブラと揺られながら身悶え、時折辛そうに嗚咽を漏らす。そして責めの手は下半身へと移っていった。

乳首を弄られ感じてしまった翔子のオマンコは既にヌルヌル、パンティーの下ではスケベ汁がたっぷりと溜まり、肉ヒダをいやらしい色に染め上げてるに違いない。過敏になったクリトリスに触れられれば悶絶。悲鳴じみた嬌声を上げ、限界まで仰け反った翔子は与えられる凄まじい快感に我を忘れてヨガり狂い、強制的なアクメを味わうことに。そして痙攣する翔子の股間からは堪え切れないモノが染みだした。

許して欲しいと泣き喚くのを無視してクリトリスを刺激し続けた結果、余りの快感に失禁してしまった翔子は顔を伏せたまま羞恥に耐える。ジョボジョボと床に水溜りを作る大量のオシッコ。自分の意思では抑えられない放尿にSM初心者の翔子の思考は限界に達してしまったようで、緊縛し直しM字開脚で股間をジロジロ眺めても熱っぽい息を漏らすだけ。明らかに視線に公賓しているようで、半端じゃない量のマン汁も溢れてくるのだ。

両足を限界まで開かせて、ヌルヌルになったオマンコにバイブを突き刺し、MAXの刺激で膣をかき回していると真っ白いスケベ汁がどんどん溢れてくる。それは尻を伝いアナルを濡らし、イスの上に染みを広げるほど。グチュグチュと卑猥な音を立てながら乱暴にかき回してやり、すっかり自分のマン汁で濡れそぼったアナルに触れられると翔子の体がビクビク震える。初のアナルプレイ、オマンコを延々塞がれたまま尻穴の調教へと突入した。

アナルスティックで肛門拡張。四つん這いになり屈辱的なポーズで最も恥かしい場所を弄られる翔子は、初めてアナルで感じる異物感に顔を真っ赤にしながら耐え続けるのみ。しかしオマンコに挿入されたままのバイブはひっきりなしに快感を与えてくる上、徐々にアナルでも居様な快感を拾い上げるようになる。アナルにローターを仕込まれスティックでかき回され、ニ穴同時責めに翔子の自我も崩壊寸前。

陰液まみれになったオマンコを舐められ喘ぎヨガる翔子。虚ろな目つきのままクンニに悶えていたが、目の前にチンポを突き出されると吸い寄せられるようにしゃぶりつき、夢中になってフェラチオをしていた。そしてついに唾液まみれの肉棒が突き入れられると絶叫悶絶!オマンコから大量の本気汁を噴き出しながら、狂ったようにイキ乱れ、快感を貪り尽くす翔子は、この日初めての陵辱にすっかりM女として目覚めてしまったのだった。

| CLOSE

お問い合わせ | 入会案内 |
当ページに含まれる画像、及びテキストの無断転載、使用を禁止します。
(C)Copyright Oshioki.net inc. All rights reserved.