入会・登録はこちらへ

  • PROFILE
  • 典子(35才) 2016/11/23 動画60分更新
プレイ内容= 緊縛多種 乳首責め クリトリス責め スパンキング バイブ責め アナル拡張 電マ責め ロウソク責め 強制フェラ 緊縛ファック

とても内気で人見知りをするタイプの典子は変わった性癖があるそうで、いじめられたり強く叩かれたりするのが大好きな超ドM女だそうだ。 普段しゃべっている時はオドオドとして小声で話しているのに、いざHとなると豹変してしまうらしい。以前はSMのパートナーがいたそうなのだが、いまは誰も相手がいないということで、今回思い切って当サイトへ公開調教の応募してきた。

ドMとの自己申告通り、緊縛されただけで典子は乱れ始めた。縄が肌に食い込む感触だけでパンティーの中をヌルヌルに濡らし、表情もどこかウットリとした様子で腰をクネらせながら喘いでいる。ブラジャーの下の乳首も真っ赤になって勃起して、グリグリと捏ねまわせば、たったそれだけの刺激にもあられもなくヨガりまくるのだった。

今度は椅子の上にM字開脚で拘束して、無防備にさらされたままの肉ビラの奥を視姦しながら、勃ちっぱなしの乳首に洗濯バサミをつけてやる。 するとどうだろう、オマンコの割れ目からは濃厚なマン汁が。そして乳首に大量の洗濯バサミをつけられたまま、極太バイブを突っ込んでやると、ふとももをブルブルと痙攣させながらイってしまうのだった。

お次は痛みすら快感に変えてしまう変態M奴隷をスパンキングで苛める。尻を真っ赤に腫らしながらもやはり典子は感じているようで、よく見れば割れ目の奥に隠れた尻穴もヒクついて凌辱を待っているではないか。綻びかけていたアナルにスティックを挿入し、同時に電マでオマンコも責めてやると、吊られたままの不自由な姿で典子はヨガり狂っていた。

気持ちよく絶頂を迎えてもそれで終わりではなく、すぐさま鞭を何度も打ちふるい、手痕のついた尻をこれ以上ないくらいに甚振る。泣き出しそうな顔をするくせに股間には愛液を漏らす辺り、本物のマゾだ。それならばとグッタリとする典子を再び緊縛し直して、今度は炎の揺れるロウソクを近づけ、縄の痕の残る肌に溶けたロウを滴らせた。

夥しい量のロウソクが容赦なく典子の肌を覆い、勃起しきった乳首やスケベ汁を垂れ流す淫乱マンコも真っ赤にコーティングしてゆく。それだけでなく喘ぎっぱなしだった舌もロウで固められてしまった。許して欲しいと哀れな目つきで懇願するのを開放してやり、その代わり今度は喉の奥まで勃起チンポを突っ込んで口での奉仕を命じたのだった。

これまで散々じらしてきた典子のスケベマンコはヌルヌルに蕩ろけ、奥まで抉るように突き上げる勃起チンポにも淫らに絡みついてくる。パックリ割れた肉ビラの合間から淫液にまみれた肉棒が出入りするたび卑猥な音が響き、それを覆い隠すように典子の激しいヨガり声が響く。首を絞められながら犯されると痙攣しながら絶頂、どこもかしこも淫液まみれのスケベなメス犬がそこに居た。

| CLOSE

お問い合わせ | 入会案内 |
当ページに含まれる画像、及びテキストの無断転載、使用を禁止します。
(C)Copyright Oshioki.net inc. All rights reserved.